ダイエットメニューとたんぱく質


一日に食べる量をできるだけ少なくすることで、ダイエットに効果的な食事のメニューを作ろうとする人がいます。けれども、食事からの栄養摂取がきちんとできていないと、ダイエットを中断せざるをえないほど体調を崩したりします。


体に必要な栄養素は色々ありますが、中でもダイエットに欠かせない栄養とは、たんぱく質です。ダイエットに大事な筋肉を作るためには、筋肉のもととなっているたんぱく質の摂取が不可欠になります。


基礎代謝は、体を正常に維持させるために最低限必要なエネルギーのことです。そして、基礎代謝を高くすることができれば、1日に消費されるエネルギー量が増えるのでダイエットに効果的です。たんぱく質を補給せず、筋肉が減少してしまったということがないように、ダイエットメニューにはたんぱく質を組み入れましょう。


ダイエット中の献立はたんぱく質が足りていなかったために、体重が思うように減らなかったという方もいます。十分にたんぱく質が摂取できないでいると、体は問題が起きたと判断してホメオスタシスをオンにするため、ダイエットがうまくいかなくなりかねません。


体内のエネルギーをできるだけ使わないようにするという働きがホメオスタシスの正体です。このことによって、人間は、食事が食べられない期間がしばらく続いても、生きていくことができるのです。


時によっては、食事から全くたんぱく質が得られないと、問題が発生しているんだと体が判断してしまいます。そうならないようにする為には、低カロリーのメニューばかり、または、たんぱく質をほとんど摂らないといった食事はしないほうが良いわけです。


体に必要なたんぱく質を摂取できていない状態が続くと筋肉量が低下しますので、基礎代謝の低い体になってしまいかねません。筋肉が少ないと、基礎代謝も少なくなります。基礎代謝の少ない体は脂肪が燃えにくいので、ダイエットをしてもなかなか効果が得られません。


ダイエットをしている時は、基礎代謝を下げすぎないような食事メニューにするために、たんぱく質やカロリー量を少なくしすぎないようにしましょう。