妊娠中のダイエット


妊娠中にダイエットはする必要があるのでしょうか。妊娠時に体重がふえたという女性はよくいます。胎児保護のためや、もしもの時にそなえてカロリーをためておくためだといいます。


けれども、妊娠中毒症や、妊娠糖尿病の背景には、母胎の太りすぎがあります。これ以外にも、妊婦が太ることの弊害はあります。妊娠している時は、体重が増えすぎないように、日々の活動量や、食べる量をコントロールしましょう。


妊婦がダイエットをして体重を絞るというアプローチは、あまりおすすめできません。妊娠すると、病院からはこのくらいのペースで体重を増やすようにという指導があります。病院の指示より体重が増えたからといって、ダイエットに取り組むことはよくありません。


激しい運動や、過激なカロリー制限は、妊娠中の健康状態に悪影響です。ダイエットを妊娠中にすると、胎児の成長によくありません。妊婦の体重増加度合いは、産婦人科ごとに異なっています。気に病みすぎると体にもよくありませんので、妊娠中の体重は、おおらかな気持ちで加減しましょう。


ダイエットをしなくても体重が調節できているように、妊娠をしている時は最初から体重の上昇に気を配っていきましょう。